カテゴリー別アーカイブ: スタッフの日々

ダニに注意!

先日、自分の足にほんの少し違和感があり、よーく見てみるとほくろの様なものが。

触ると少し痛みがあったので、家族に確認してもらったら・・・マダニでした。

 

その週の日曜に山の藪の中を歩いたのでその時に噛まれたとしたら3~4日ほど経っていることになりますが、全く気づきませんでした。

マダニは無理やり取ろうと引っ張ると、体の中に入っている口の部分だけ残してちぎれてしまうと聞いたことがあったので、急いで皮膚科に行きました。

治療は、局所麻酔をしてマダニの口の部分ごと切り取って10分ほどで終わりました。

幸い今回は感染症にはかからずに済みました。

 

今年は、身近な人で何人かマダニに噛まれた人がいます。

皆さんも藪の中など歩くときは気を付けてください。

投稿STAFF 小林

癒しグッズ

コロナが発生してから約1年。外出自粛などで友人にも会えず、ちょっとした外出にも気を付けないといけない毎日。

おしゃべり相手もいない日常にストレスが降り積もって、少しでも癒しが欲しい。

ということで、私のささやかな癒しをご紹介~。

まずは、去年の春に義姉からもらった観葉植物。やっぱ緑が部屋の中にあると落ち着きますよね。

植物

次に部屋のあちこちにあるぬいぐるみ!モフモフは癒しです。たまに眺めて愛でてます。

IMG_20210225_203420 IMG_20210225_201939 IMG_20210225_202523

あと、最強なのが甘いもの~。コーヒーと一緒にとると至高のひと時を過ごせます。

IMG_20210225_214823

投稿STAFF 田中

3年ぶりの大雪

令和3年1月7日から11日にかけて、福井県内において記録的な積雪があったことは記憶に新しいと思います。交通機関は麻痺し、弊社においても通勤困難な状態が生じたことなどから、多くの社員が自宅待機を余儀なくされました。さて、そんな大雪直後の1月13日、山間では積雪が1mを優に超える状態ではありましたが、早速現場に行ってまいりました。山間に設置していた気象観測装置の状況確認及び必要に応じて装置周りを除雪するためです。

主要な生活道路は何とか一車線は除雪されていたため、設置場所には何とかたどり着くことができました。市中では除雪により空けられたわずかな車線をめぐって多くの車が行きかい大渋滞が起きていましたが、山間では除雪された貴重なスペースに野生動物が逃げ場を求めて集まっていました。帰り道に六頭の鹿の群れに遭遇したのです。

DSCN3413 - コピー ←助手席より撮影

六頭の鹿たちは車に驚いて逃げていったのですが、雪の壁で前にしか逃げ場がなく、しばらく伴走する形となりました(鹿さん、びっくりさせてごめんなさい。)。間を空けてついていくと、高い雪壁を乗り越えて何とか一頭ずつ逃げていきました。最後の二頭は壁を乗り越えるのに成功したらもう逃げ切ったと思ったのか、離れていくことなく車が横に来るまでこちらをじっと見つめていました。そしてしばらくするとゆっくりと山の中に帰っていきました。

DSCN3420 - コピー←最後までの残った二頭。右側がとてもイケメンである。

2月半ばになり、ようやく雪も消えて日常が戻ってきました。度を超えた大雪は人間にとっても動物にとっても迷惑な話ですね(人間の子供と、飼い犬は大喜びの様ですが…)。弊社は自然を相手にするお仕事なので、当分こんな大雪が降らないことを祈るばかりです。

投稿staff 清水

テムレス

仕事上ゴム手袋を使う機会が多いため、なにか良いゴム手袋がないかと探していた時に見つけたのが「テムレス」です。

1

それまでは一般的な耐油ゴム手袋を使っていたのですが、夏場は汗をかくことも多いため、ゴム手袋の臭いが手に残ることもありました。

しかし、透湿性と防水性を兼ね備えたテムレスを使うようになってからは、臭いの心配は無くなりました。

また手袋の内側が濡れたとしてもすぐに乾いてくれるので、とても重宝しています。

冬になり防寒を兼ね備えたテムレスも有るようなので、一度使ってみたいなという気持ちはあります。他にもおススメのゴム手袋を知っているという方は是非教えてください。2

投稿STAFF 小出

水防訓練

11月24日に社内で水防訓練を行いました。

台風やゲリラ豪雨などによる洪水被害が毎年起きていることや、会社のすぐそばに大きな河川がある為、緊急時に備え毎年訓練を行っています。

 

訓練では、避難場所の確認、土のうの保管場所と積み方、防水板の設置などを実際に行いました。

RIMG2393 RIMG2394

 

土のうの正しい積み方や防水板の保管場所などを社員に把握してもらういい機会になりました。

投稿STAFF 小林

ゴミ拾いはスポーツだ!!

今月のこと、11月8日(日)に福井市足羽川堤防周辺でごみ拾いのボランティアに参加しました。福井県主催の「スポGOMI大会」というもので、全40チーム、当社からは2チーム参加しました。競技ルールを守り、6種類のごみの分別をしながら、堤防の茂みに捨てられているごみを拾い集めていきました。スポーツだけあって汗をかきながら、町も心もキレイになりました。最後にごみの計量をして、閉会式では上位3チームが表彰されました。残念ながら、我がチームはわずかの差で4位という結果でした。来年は表彰を狙いにいきたいところですが、町からごみが無くなればもっと良いですね。

スポごみ2 - コピー スポごみ1 - コピー  ↑ 開会式前 当社チーム            ↑ 分別・計量後の集められた成果

投稿STAFF 田口

退職日を迎えて

昭和55年6月に前職の東京勤務から故郷福井にUターンして今年で40年が経過し、9月8日の株主総会をもって、退職することになりました。研究所に入所して検査技師として5年、営業担当で23年、総務部門で12年が経ちました。気が付けば68歳まで長いこと働かせてもらいました。

40年を思い起こせば不思議と、トラぶった事の方が印象に残っています。夏の海域調査で漁協に依頼した船が途中でエンストし数時間漂流したこと、13キロ以上あるJRトンネル内のほぼ中間地点で夜中1時過ぎの貨物列車が通過した後にトンネル内を歩いて水質調査に行ったこと、夜中の0時過ぎに警備会社より煙探知機が作動したと呼び出しの連絡があったこと、県外の環境アセスメント24時間調査で交代時間にホテルで爆睡寝坊してデータが欠測したこと、役所の2階でぎっくり腰になり動けなかったときに役所の人におんぶして降ろしてもらったこと、そして最後は誰もが予想しなかったコロナ禍等々・・・。

あと楽しかった思い出は、毎年2班編成で行っている一泊二日又は二泊三日の北は北海道から南は沖縄まで全国津々浦々の研修旅行。近年、他の会社では旅行自体がなかったり、部単位で行ったりと全社で行っているのは少ないと聞きます。でも研修旅行は日頃研究所では見せない表情とかあまり知らなかった社員同士のプライベートな一面が見えて本当に楽しい思い出でした。

最後になりますが、研究所の素敵な仲間たち、いいお客さん、いい業者さんと一緒に仕事が出来たことを誇りに思い、本当にいい職場でこんなに長く働かせてもらった事を感謝しております。ありがとうございました。

追記

お客様へ

当研究所の社員は仕事柄技術系が多く、いわゆる愛想はあまり良くはありません。(昔よりは大分良くはなりましたが・・)しかし皆○○がつくほど真面目で誠実で、ご依頼された仕事に対して一生懸命に取り組みます。是非今後とも末永くご愛顧頂きますよう、よろしくお願いいたします。

西木

久しぶりの自転車修理

先週末、数年放置していた自転車の整備を行いました。

パンクしたり、錆びて可動部分やワイヤーが固着していたりして使用できない状態です。

写真1 写真2

子供も大きくなり、近場でサイクリングが出来ればと思い、重い腰を上げたところです。

先ずは、裂けたタイヤ交換から開始です。ナットを緩め、チェーンカバー、ブレーキ周りを開放、専用工具でリムからタイヤを外し、チューブを取り出します。

写真3 写真4

タイヤが裂けた影響で、チューブにも穴が開いていたのでパッチをあてて塞ぎます。この後、いろいろ作業を行ったのですが、長くなるのでこの位に・・。猛暑の中、休憩を入れながら進めること6台すべて乗れるようになりました。

まだまだ暑い日が続きますが、早く涼しく快適な気候になって欲しいですね。

投稿STAFF 高嶋

プランクチャレンジ

新型コロナウイルスによる自粛ムードや長引く梅雨の影響で、家の中にいる時間が多くなりましたが、皆様運動不足にはなっていないでしょうか。

私は先日の健康診断の結果を見て、このままではまずいと家でプランクチャレンジをしてみることにしました。プランクチャレンジは、プランクという体幹を鍛えるトレーニングを30日間行いたるんだ体を引き締めるというものです。

taikan_training_frontbrige_man

筋トレやジョギングなど今まで続いた試しがないので今回も続けられるか不安ですが、続けられるよう頑張ってみたいと思います。

投稿STAFF 小林

うちの周辺の生物たち

育児休暇から復帰して約7ヶ月の吉本です!お久しぶりでございます今日はどうでもいいことですが、うちのアパート周辺の生物をご紹介しますまず一歳半の娘がお気に入りなのが、こちらの「カエル」です。

dav

住宅街ですけど、近くに田んぼや畑が点在しているからか、雨の日はよく共用スペースで雨宿りしています。ほぼ動かず休んでいることが多いですね。かわいい。

続きまして、こちらが「ツバメ(の巣)」です。。。すいません、留守中の写真で。

dig

この巣は今シーズン2回目のものです。去年も2回子育てしていました。ここに住むまで知らなかったんですが、ツバメの繁殖は1シーズンに1~2回だそうです。衛生面に配慮して、2回目は1回目の巣の近くに新しく巣を作ります。

と言っても、1回目の巣は雛が元気過ぎて、壊れて落ちてしまいました。同時に雛も落ちてしまったんですが、住人の助けもあって、ほとんどは無事巣立つことができました。良かったー。

思い起こせば、昨年の1回目は、ある朝大きな蛇が巣の上にとぐろを巻いてましてね。。。私、悲鳴をあげてしまいました。

ツバメを毎日娘と見ながら、お互いに無事子育てできるといいなぁと思う日々です。

投稿STAFF 吉本