退職日を迎えて

昭和55年6月に前職の東京勤務から故郷福井にUターンして今年で40年が経過し、9月8日の株主総会をもって、退職することになりました。研究所に入所して検査技師として5年、営業担当で23年、総務部門で12年が経ちました。気が付けば68歳まで長いこと働かせてもらいました。

40年を思い起こせば不思議と、トラぶった事の方が印象に残っています。夏の海域調査で漁協に依頼した船が途中でエンストし数時間漂流したこと、13キロ以上あるJRトンネル内のほぼ中間地点で夜中1時過ぎの貨物列車が通過した後にトンネル内を歩いて水質調査に行ったこと、夜中の0時過ぎに警備会社より煙探知機が作動したと呼び出しの連絡があったこと、県外の環境アセスメント24時間調査で交代時間にホテルで爆睡寝坊してデータが欠測したこと、役所の2階でぎっくり腰になり動けなかったときに役所の人におんぶして降ろしてもらったこと、そして最後は誰もが予想しなかったコロナ禍等々・・・。

あと楽しかった思い出は、毎年2班編成で行っている一泊二日又は二泊三日の北は北海道から南は沖縄まで全国津々浦々の研修旅行。近年、他の会社では旅行自体がなかったり、部単位で行ったりと全社で行っているのは少ないと聞きます。でも研修旅行は日頃研究所では見せない表情とかあまり知らなかった社員同士のプライベートな一面が見えて本当に楽しい思い出でした。

最後になりますが、研究所の素敵な仲間たち、いいお客さん、いい業者さんと一緒に仕事が出来たことを誇りに思い、本当にいい職場でこんなに長く働かせてもらった事を感謝しております。ありがとうございました。

追記

お客様へ

当研究所の社員は仕事柄技術系が多く、いわゆる愛想はあまり良くはありません。(昔よりは大分良くはなりましたが・・)しかし皆○○がつくほど真面目で誠実で、ご依頼された仕事に対して一生懸命に取り組みます。是非今後とも末永くご愛顧頂きますよう、よろしくお願いいたします。

西木

久しぶりの自転車修理

先週末、数年放置していた自転車の整備を行いました。

パンクしたり、錆びて可動部分やワイヤーが固着していたりして使用できない状態です。

写真1 写真2

子供も大きくなり、近場でサイクリングが出来ればと思い、重い腰を上げたところです。

先ずは、裂けたタイヤ交換から開始です。ナットを緩め、チェーンカバー、ブレーキ周りを開放、専用工具でリムからタイヤを外し、チューブを取り出します。

写真3 写真4

タイヤが裂けた影響で、チューブにも穴が開いていたのでパッチをあてて塞ぎます。この後、いろいろ作業を行ったのですが、長くなるのでこの位に・・。猛暑の中、休憩を入れながら進めること6台すべて乗れるようになりました。

まだまだ暑い日が続きますが、早く涼しく快適な気候になって欲しいですね。

投稿STAFF 高嶋

プランクチャレンジ

新型コロナウイルスによる自粛ムードや長引く梅雨の影響で、家の中にいる時間が多くなりましたが、皆様運動不足にはなっていないでしょうか。

私は先日の健康診断の結果を見て、このままではまずいと家でプランクチャレンジをしてみることにしました。プランクチャレンジは、プランクという体幹を鍛えるトレーニングを30日間行いたるんだ体を引き締めるというものです。

taikan_training_frontbrige_man

筋トレやジョギングなど今まで続いた試しがないので今回も続けられるか不安ですが、続けられるよう頑張ってみたいと思います。

投稿STAFF 小林

うちの周辺の生物たち

育児休暇から復帰して約7ヶ月の吉本です!お久しぶりでございます今日はどうでもいいことですが、うちのアパート周辺の生物をご紹介しますまず一歳半の娘がお気に入りなのが、こちらの「カエル」です。

dav

住宅街ですけど、近くに田んぼや畑が点在しているからか、雨の日はよく共用スペースで雨宿りしています。ほぼ動かず休んでいることが多いですね。かわいい。

続きまして、こちらが「ツバメ(の巣)」です。。。すいません、留守中の写真で。

dig

この巣は今シーズン2回目のものです。去年も2回子育てしていました。ここに住むまで知らなかったんですが、ツバメの繁殖は1シーズンに1~2回だそうです。衛生面に配慮して、2回目は1回目の巣の近くに新しく巣を作ります。

と言っても、1回目の巣は雛が元気過ぎて、壊れて落ちてしまいました。同時に雛も落ちてしまったんですが、住人の助けもあって、ほとんどは無事巣立つことができました。良かったー。

思い起こせば、昨年の1回目は、ある朝大きな蛇が巣の上にとぐろを巻いてましてね。。。私、悲鳴をあげてしまいました。

ツバメを毎日娘と見ながら、お互いに無事子育てできるといいなぁと思う日々です。

投稿STAFF 吉本

レジ袋有料化!!

7月1日より、レジ袋が有料化となりました。以前より、マイバック持参のPRは実施されており、週末の食料品の買い出しには持参しておりましたが、急にコンビニエンスストアに立ち寄ったりしたときには持参していないことも。有難くレジ袋の恩恵を受け、更に自動車内の美化にも活用していました。

過剰な使用を抑制し、環境のことを考えればすぐにでも取り組むべきだと思います。

だたし、有料化対象外として次の3つが挙げられています。

①厚手の物(厚さ50µm以上で、再利用が可能なもの)

②海洋生分解性プラスチック配合率100%のもの(微生物によって海洋で分解)

③バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

しかし、どれをとってもコストがかかりそうで、お店側が導入するのは難しいかも、ですね。

やはり、個人個人が自覚をもって取り組むのが一番だと思います。

ちなみに、私のバックには常に3枚のエコバッグが入っています。自動車の中には、マイバスケットも入っています。

DSCF1832 DSCF1833

投稿STAFF 佐々木ヨ

土壌調査ハンディECO!

新型コロナウイルス感染による緊急事態宣言が解除され、皆様におかれましても徐々に日常を取り戻していることと存じます。さて今週のこと、コロナの影響で1ヵ月ほどのびのびになっていた土壌調査に出動しました。土壌試料採取では、昨年導入した「ハンディECO」が活躍しました。紹介します。

DSCN2151 - コピー DSCN2153 - コピー

・深度6mの土壌試料採取が可能(今までは最大1m)

・4ストなのでオイルの飛散がない(今までは2スト)

・打ち込み部分とエンジンユニットとが分離(今まではエンジン内蔵型)

・サンプリングロッドの引抜は油圧ジャッキ(今までは手動式ハイリフトジャッキ)

と、かなりグレードアップしました。

弊社では、土壌汚染状況調査の「計画~サンプリング~分析~報告書作成」まで自社で実施しています。土壌調査でお困りの際にはぜひお問い合わせ下さい。

投稿STAFF 田口

入社2か月が経ちました。

この会社に入社して約二ヶ月が経ちました。

新型コロナウイルスに影響により、新人研修が中止になったり、四月中旬からは二グループに分かれての二日に一回の出社になったりと、想像していた社会人生活とは異なり不安もありましたが、先輩社員の方々に助けていただいて、業務を行うことができています。一日でも早く一人前になれるよう精一杯頑張りたいです。

外出自粛のため今年はお花見をすることができず少し残念でしたが、さくら通りに面している事務所の窓から満開の桜を見ることができました。

早くいつもの日常が戻ってきて、来年はお花見を楽しむことができたらいいなと思います。

会社からは、この様な配慮をしていただきました。

IMG_1173-1 IMG_1174

投稿STAFF 元永

 

弊社の新型コロナウイルス対応について

  連日の感染者数の発表に気が重くなる毎日、ここ福井県でも人口当たりの感染者数は東京についで、ワースト2となり福井県独自の緊急事態宣言が出されています。

ついては、弊社の様な中小事業所としても3月中旬より、感染防止及びリスク管理対応をとにかく出来ることはスピード感をもって、全てやろうと行ってきました。

ここに抜粋してご紹介させていただきます。

・社内の十分な換気

・面談室の使用制限及び空間スペースをとる

・当面の期間、国内外の旅行、イベントへの参加禁止

・家飲み以外の酒席の参加禁止

・手洗い、顔洗い、口腔ケアの実施(口の中は粘膜で感染リスクが非常に高い)

・喫煙場所の閉鎖

・更衣室の使用制限(作業服、事務服での通勤を認める)

・各部2班体制で部屋を分散する

・受付カウンターの感染予防処置(手作り)

・各デスク間の仕切り板の設置

・各部門の実情に応じた柔軟な在宅勤務への移行

 

以上ですが、少しでも参考になれば幸いです。

早めに終息する事を願って、お互い頑張りましょう!!

image6

 

image10

ホームセンターの材料で作った自信作です!!

image0

image1image5

image8

接客エリアも普段の倍の広さにしてあります。

投稿STAFF 西木

 

北陸新幹線、九頭竜川橋りょう他 建設現場見学会に参加しました

21日(土)に現場施工主様のご配慮で建設作業に携わった協力会社関係者向けの現場見学会が開催されました。新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれましたが、マスク着用等の対策を行い無事開催されました。当日は天候にも恵まれ清々しい見学会日和でした。

 

通常立ち入ることが出来ない現場を見られる貴重な経験で、多くの方が参加されていました。

現場作業所長が丁寧に説明をして頂き、現場を各々見学しました。

見学会は2時間程度で終了しましたが、忘れることが出来ない思い出となりました。

写真1-1 写真2-1

写真3-1 写真4-1

投稿STAFF 高嶋

ギョーザ作り

少しずつ春らしさを感じるようになってきたこの頃ですが、目に見えない敵に振り回される毎日で、皆様も日々の対応本当にお疲れ様です。

4月から小学2年の上の子も、休校になってから約3週間経ち、うちはおじいちゃん、おばあちゃんと同居なので児童館も利用できず、友達と遊べない日々になかなかストレスを感じているようです。

なので、いつもご飯を作ってくれているおばあちゃんにもちょっとでも気晴らしになるかなぁ、と家族みんなでギョーザパーティーやってみました!ギョーザの種作りは父母が担当し、子供たちには包むのを頑張ってもらいました。4月から年中になる下の子も、なかなか上手に包んでいて、お兄ちゃんもヒダ付きに挑戦してみたり、作るのは楽しかったようです。普段あまりギョーザはそんなに食べないのですが、自分で作ったギョーザを「おいしいっ!」といって食べていました。母も満足です。でも食わず嫌いの下の子は「たべないっ」といって結局ひとつも食べませんでした。あんなに作ってたのに!頑固っ!!

ギョーザ2

でも楽しい時間でした。また機会を見つけてやりたいな、と思います。

投稿STAFF 中村